明るいオフィス風景

確かな販売戦略で、業績向上をアシスト。

  • kanatanihidenori

コンサル回顧録 経営者・社員・コンサルタントの関係性

過去にも掲載したことがあったかもしれない。


私は元々収支改善・販促コンサル。

あまりあれもこれもと手を出すのはどうかと思い、それを選択した。



もちろん目的はクライアントの意向【売上を上げて欲しい】という要望です。

企業は収支が悪ければ改善する。良ければさらに拡大する、もしくはこの景気なので現状維持する、等目的がある。そこで、専門コンサルで契約。




クライアントにもよるが、私が能書きたれようが、実践してみせようが、従業員の反応はインプットのみ。決して私と従業員の関係性が悪い訳ではない。何をやってもインプットのみ。アウトプットを促すが私はその企業の従業員ではない。基本的に結果は求めない。行動規範の改善を求める。そこは追求した。



しかしそこで出て来てのは、従業員から経営陣に対しての私の不満。当初は逆であった。

私が従業員から会社に対しての不満を聞いていた。


そして経営陣からその内容を聞いた。私が求めた業務は決して難しいことでもない。客観視しても簡単な業務である。ただ、現場の仕事が増えることに対しての不満ということだ。


コンサルとして伝えなければならないこと、行動してもらうべきことはある。言うべきことは相手を見て考えて発言する。そうして来た。営業実績も徐々に改善されてきた。そこでクライアントから出た不満。聞けば、点の話だが、それを経営陣から指摘されるとカタチ上、面の話になる。


ただし、クライアントは結果を求める。そこで、従業員とのヒアリングと経営陣とのヒアリングを行い、【上辺だけの改善は自分のひとりよがりの活動となり、一過性でクライアントの為にならず、社内に不穏な雰囲気をもたらす】





あーこれはダメダメ。意味ない。無駄なコストになるだけ。






経営陣に食ってかかった訳では無いが、矛盾していることと、問題の本質を解明せずに聞いた話、実態を掴まずに経営していることを指摘した。でも、従業員がかわいいのだろう。


私は昔、【信用しても信頼するな】という教えをうけた。それを伝えた。

そんな状況から今販促やったところでどうなの?という思いから始まったのが、経営状況の把握と内部統制状況のチェック。



まずは【経営方針】【年度経営予算】【年度販売予算】【就業規則】【労務管理】【人事評価制度】【賃金体系】【組織形成】【販売進捗管理フィードバック】【意識改革ヒアリング】これは全て販売、収支改善とはまったく関係なく、私の当初の目的とはかけ離れているが、【ココ】を作らないと、変えないと目的の達成どころか前進できないと思った。




結果を求めない状況で、販売実績、労働時間、労働生産性、販売プロセス、収支見込等の数字を可視化し、張り出し、訪問の都度確認。





この時の指摘に従業員は不満を抱いてしまっていたのだろう。


勿論賛同して積極的に取り組んでくれている従業員もいた。

それは大体若手。言葉には発せられないが、問題点を把握していたのは若い従業員であった。しかし私と二人きりの時しかそれを話すことが出来ないのだ。ここが問題。



そして私が先程取り上げた経営に関わる必要不可欠な部分は承認を得て、遵守してもらうことを約束してもらっていた。しかし守られなかった。


一番従業員が気にする人事評価と賃金だ。評価は【評価期間の評価項目】を採点、吟味して評価する。給与のリストを従業員に見せることが出来ないくらいバラバラだったので、フェーズを合わせるのが目的のひとつでもあった。


同じ立場で同じ仕事をしている従業員の給与の差がありすぎ、なぜそうなったのも不明である。結論、評価期間に前比で120%以上の結果を出し、賃金アップを約束された(私の約束ではなく、社長との約束)しかし、その従業員の給与が、評価時点の会社の足元の結果の状況が理由で横ばい。しかし賃金アップは社長の指示で私から本人に既に伝えていた。


コストも計画対比で余裕はあった。たしかに厳しい経営状況とはいえ改善の兆しはまったく見えていた。どっちが今後の会社の為になるのか。もっと先を見て欲しかった。


何の為の評価だったのか?頑張ったのか?誰もが思うだろう。しかも全社収益は前年よりも改善されているのにだ。真っ先に不信感を抱かれるのは直に接していた私。まあ、それは仕方ない。中間管理職がまったくもって機能出来ない状況だったのだ。ましてやその管理職が私に対し否定的であった。


結果、その従業員は最後に直接社長と面談し、退職した。




その後、私は少し距離を置き、というか、置かれ、人事評価、賃金関連以外の業務サポートのみを行った。




だらだら長文を書いたが、伝えたいことは、もはや【専門コンサルのみ】というのは逆にクライアントの経費を増やしてしまう。ITやシステム関連は別かもしれないが、運用するのは人。そこまで考えなければならない時代なのかな。




あとは、このクライアント企業は【若手が課題・問題の本質を理解していた。しかし発信できない環境だった】・・・変われないのは誰。


次に、組織経営ではなく、主観的経営。

当時の従業員の意識は、販促戦略ではなく、経営基盤を良化する、されているのを本人たちが感じたことで意欲が高まり、実績は着実に伸びていた。


良い意味での最善は、私が悪者なり、経営陣への信頼度が高まることだ。そこの采配で結果は変わるだろう。良くなれば、私はどんなに悪く言われようと、満足だ。10年後に感謝してもらえればいい。



 


この時代に【売上アップ!】なんてコンサルなんて必要か。売上以上にコストがかかっているのでは。継続性、再現性があるのか。見ているのか。


今は、人材も20代と40代では大きな差がある。コンプライアンスもある。経営に対するサポート、その経営状況のサポート、人材育成、そして本来の収支改善。一貫性が無いと、我々のコンサルフィーが重くなるだけだ。


今は昭和と平成と令和の人間がいる。仕事だけでなく日常生活も人と人。

時代の違い、思考の違い、環境(法)の変化などでゴチャゴチャの状態である。だから困惑する、悩む。




だから私は【本質の悩み解決相談】として人生相談も受けている。


会社辞めたければ転職するもよし。フリーランスもよし。起業もよし。主夫もよし。極論、何でもよし!自分が、家族が幸せになるならば!



「日本はどんなことがあっても最低限の生活は保証されている」



私がサラリーマンで悶悶としていた時に自営業の同級生に言われた言葉。

それで今、自分で起業した。大変だが日々充実している。たまに徹夜した時、会社で上長が帰らないので気を使ってサービス残業していた頃を想像する。早く帰ると次の日めんどくさいので。


全然今の方がマシだ。(決して皆々が会社をやめた方が良いと言っている訳ではなく、人生観の部分で書いているだけです)



 


ところで世界でいちばん幸福度の高い国、知ってますか?


申し訳ありません。話はまったくかわりますが、大なり小なりなので、大の話をします。




世界幸福度ランキング2022(右側前回順位)



1位   フィンランド 1位

2位   デンマーク 2位

3位   アイスランド 4位

4位   スイス 3位

5位   オランダ 5位

6位   ルクセンブルク※ 8位

7位   スウェーデン 7位

8位   ノルウェー 6位

9位   イスラエル 12位

10位 ニュージーランド 9位

11位 オーストリア 10位

12位 オーストラリア 11位

13位 アイルランド 15位

14位 ドイツ 13位

15位 カナダ 14位

16位 米国 19位

17位 イギリス 17位

18位 チェコ 18位

19位 ベルギー 20位

20位 フランス 21位

21位 バーレーン 22位

22位 スロベニア 29位

23位 コスタリカ 16位

24位 アラブ首長国連邦 25位

25位 サウジアラビア 26位

26位 台湾 24位

27位 シンガポール 32位

28位 ルーマニア 46位

29位 スペイン 27位

30位 ウルグアイ 31位

31位 イタリア 28位

32位 コソボ 33位

33位 マルタ 23位

34位 リトアニア 38位

35位 スロバキア 34位

36位 エストニア 40位

37位 パナマ 41位

38位 ブラジル 35位

39位 グアテマラ※ 30位

40位 カザフスタン 45位

41位 キプロス 39位

42位 ラトビア 51位

43位 セルビア 48位

44位 チリ 43位

45位 ニカラグア 55位

46位 メキシコ 36位

47位 クロアチア 60位

48位 ポーランド 44位

49位 エルサルバドル 49位

50位 クウェート※ 47位

51位 ハンガリー 53位

52位 モーリシャス 50位

53位 ウズベキスタン 42位

54位 日本 56位

55位 ホンジュラス 59位

56位 ポルトガル 58位

57位 アルゼンチン 57位

58位 ギリシャ 68位

59位 大韓民国 62位

60位 フィリピン 61位

61位 タイ 54位

62位 モルドバ 65位

63位 ジャマイカ 37位

64位 キルギス 67位

65位 ベラルーシ※ 75位

66位 コロンビア 52位

67位 ボスニアヘルツェゴビナ 64位

68位 モンゴル 70位

69位 ドミニカ共和国 73位

70位 マレーシア 81位

71位 ボリビア 69位

72位 中国 84位

73位 パラグアイ 71位

74位 ペルー 63位

75位 モンテネグロ 72位

76位 エクアドル 66位

77位 ベトナム 79位

78位 トルクメニスタン※ 97位

80位 ロシア 76位

81位 香港 77位

82位 アルメニア 86位

83位 タジキスタン 78位

84位 ネパール 87位

85位 ブルガリア 88位

86位 リビア※ 80位

87位 インドネシア 82位

88位 コートジボワール 85位

89位 北マケドニア 94位

90位 アルバニア 93位

91位 南アフリカ 103位

92位 アゼルバイジャン※ 90位

93位 ガンビア※ 98位

94位 バングラデシュ 101位

95位 ラオス 100位

96位 アルジェリア 109位

97位 リベリア※ 120位

98位 ウクライナ 110位

99位 コンゴ 83位

100位 モロッコ 106位

101位 モザンビーク 115位

102位 カメルーン 91位

103位 セネガル 92位

104位 ニジェール※ 96位

105位 ジョージア 108位

106位 ガボン 112位

107位 イラク 111位

108位 ベネズエラ 107位

109位 ギニア 102位

110位 イラン 118位

111位 ガーナ 95位

112位 トルコ 104位

113位 ブルキナファソ 113位

114位 カンボジア 114位

115位 ベナン 99位

116位 コモロ※ 131位

117位 ウガンダ 119位

118位 ナイジェリア 116位

119位 ケニア 121位

120位 チュニジア 122位

121位 パキスタン 105位

122位 パレスチナ※ 125位

123位 マリ 117位

124位 ナミビア 124位

125位 エスワティニ王国※ 130位

126位 ミャンマー 126位

127位 スリランカ 129位

128位 マダガスカル※ 135位

129位 エジプト 132位

130位 チャド※ 128位

131位 エチオピア 133位

132位 イエメン※ 141位

133位 モーリタニア※ 134位

134位 ヨルダン 127位

135位 トーゴ 136位

136位 インド 139位

137位 ザンビア 137位

138位 マラウイ 144位

139位 タンザニア 142位

140位 シエラレオネ 138位

141位 レソト※ 145位

142位 ボツワナ※ 146位

143位 ルワンダ※ 147位

144位 ジンバブエ 148位

145位 レバノン 123位

146位 アフガニスタン 149位

※エレミニストより


主要国(2021年順位)では、米国は16位(19位)、ドイツ14位(13位)、英国17位(17位)、フランス20位(21位)、イタリア31位(28位)となっています。お隣の韓国は59位(62位)、台湾26位(24位)、ロシア80位(76位)、中国は72位(84位)でした。香港は81位(77位)、ウクライナは98位(110位)、最下位(146位)はアフガニスタン(149位)でした。


日本は昨年の56位から54位に順位を上げています。ただし先進国では最低順位です。評価項目では、「GDP」と「健康寿命」を除き、「汚職の無さ」や「社会的支援」が低い評価です。特に低評価なのが「社会的自由」と、「寛容さ(他者への寛大さ)」です。

さらに日本人は「人生評価/主観満足度」が非常に低い評価になっています。

小が大に、点が面になるとこうなります。